So-net無料ブログ作成
検索選択

テレビネタ [ショコラ2013]

昨夜(9日)のEテレを途中からですが見ることが出来たので
パトリック・ロジェ氏がカカオ農園を訪ねるという辺りから見てました。
上質なカカオを選び、発酵・乾燥を経て、という件。
何がビックリって、ロジェ氏のファッションだったり。
もちろん、ショコラとは関係ない訳なんですが・・・あの芸術的なショコラを生み出す人と同一とは思えませぬ。

場面転換し、
カカオがお肌に良いということで、ショコラのパックが人気らしく。
全身に塗ってラップ&布巻き、そして食用のものを顔に塗られていると気分はボンボン(笑)
ただし、市販品にはカカオ成分ではなく香料ばっかりモノもあるそうなので注意が必要だとか。

再びロジェ氏のアトリエ。
MOF最初のチャレンジ時のピエス、そして2度目のチャレンジの時の作品も。
いや~すごい迫力ですよ。まるで美術館からそのまま出てきた像のよう。
パリで人気の女優さんの舞台初日に届けるための特注ショコラの製作の様子を。
アトリエには日本人職人さんも当然のようにチラリ。
小さなタブレットを重ねていくつものタワーで摩天楼を、
ライムのドームは公園、流し込んだショコラにラップ?で流線をつけて川、
新作の柚子のドームで小道、と数十万円のショコラが完成。

場面変わって、女性ショコラティエの工房へ(スタッフさんも女性ばかりみたい)
お父様から引き継いだ彼女の持ち味は、現物からモールドを作ってしまう型ショコラ。
スニーカーとか、革靴とか、色や質感もこだわってなかなかリアル。
革靴ので4000円とかって言ってたかな。
何かとお花とショコラを贈るパリジャンにとって、ちょっとサプライズで人気らしく。
素敵なショコラ詰め合わせ箱で数千円~2万とのこと。やっぱり贈答品なのね。

そして最後にもう一度ロジェ氏。
パリの劇場まで自ら助手さんと二人掛りでショコラの街を届けます。
ショコラの高層ビルがスポーツカー(なんでそんな車高の低いのを?)に載せようとして天井につっかえる。が、どうにか到着。
劇場内の狭い階段も難儀しつつ潜り抜け、無事楽屋へ搬入。
初日を終えた主演女優さんの笑顔、監督さんやスタッフさんへも振舞われるのでした。
コックコートに黒いカジュアルな上着姿のロジェ氏は、カッコ良かったですよ。うん。

・・・ってな感じ。ようわからんね。すいません。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。